事業目的

事業目的

一般社団法人マイスター 設立について

我々のタイル業界は、『一人親方』と言われる個人事業主や中小企業事業主と
その職人が個々に活躍し、この業界を支えています。

人口減少による建築需要の縮小や、若手人材の確保と育成など、近い将来の難題を抱えながら
日々現場で作業を行っています。

一般社団法人 マイスター(以下、当法人)は、3つの支援活動を提供する事で共に発展し、
運営による収益を元に将来の問題を共に解決していこうと考えています。

3つの支援活動 とは

「独立支援活動」
事業資金の調達や融通、施工人員応援、文書作成など事務作業や、保険・税務の相談などを支援し、あなたの独立を応援します。

「事業拡大支援活動」
共同購買によるコストダウン、共同労務管理による作業ロスの軽減で高収益を支援し、あなたの事業拡大に貢献します。

「後継者問題支援活動」
代表者引退時における次期後継者の育成期間や、引率の従業員様が職務全うするまでの社長業代行及び、事業承継の相談など会社存続について支援します。



3大支援活動


また、当法人の支援活動による収益は会員様に還元致します。

利益還元方法とは

当社の収益は、
『若手の雇用と育成』『社会保険未加入問題の解決』『新規事業の開拓』など近い将来の難題解決に向けた資金に充て会員様へ還元致します。


利益還元方法

設立の思い

当法人はタイル業界で活躍される職人の皆様が将来を安心し
現場作業に専念できる様に考え設立した「職人のための法人組織」です。
当法人の理念に賛同し、共に活動してくれる同志が増えることを願っております。

2014年9月1日
一般社団法人マイスター
代表理事 山下曉彦

Page Top